機動戦士ガンダム00ファンサイト

河邑倉庫・新館

ガンダムベース東京・00ワールド見学レポート

2018/04/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

00ワールド開催、ということでここは行かねばなりますまい。

 

行ってまいりましたガンプラ総合施設「THE GUNDAM BASE TOKYO(ガンダムベース東京)」。

 

以前少し触れましたがガンプラを見る、買う、作る、塗るがその場で完結してしまうというガンプラ好きにはたまらない施設、それがガンダムベース東京です。

 

こちらで2017年11月10日(金)~12月6日(水)まで00ワールドと題して特別展示を実施するとのこと。

 

期間ギリギリになってようやく時間が取れましたので、駆け足で見に行ってきました。

 

おそらくこの記事を読まれている頃にはもう特別展示は終了しているので現場の雰囲気だけでも伝われば幸いです。

 

というか12月2日に大物アイテムが出たんだからもうちょっと期間延ばしてもいいじゃんね。

 

ガンダムベース東京
<営業時間>10:00~21:00(不定休)
<住所>東京都江東区青海1-1-10 ダイバーシティ東京 プラザ7F
※電車で行く場合はゆりかもめ線「台場」駅、りんかい線「東京テレポート」駅のどちらからもそれほど遠くないです。
あえて言うなら「東京テレポート」駅からの方が分かりやすいかも。

 

お台場とか普段行かないので無事たどり着けるかという問題はありましたが「ユニコーンが立ってるんだろ?何とかなるでしょ」という謎の安心感もありました。

 

結局あの建物かな?と見当をつけたら正解だったという感じなんですけどね。

 

かなりのガンダム情報量

 

7階にベースがあるのでエレベーターでシュッと行くのが手っ取り早いんですが、私はエスカレーターで登ることをお勧めします。

 

何故なら登る最中の各フロア、吹き抜けガラスに各ガンダムの作中カットが貼られていて退屈しないからです。

 

4階は00コーナー

 

これは現在「GUNDAM docks at TOKYO JAPAN」というイベントが開催中(期間:11月20日(月)~翌1月8日(月))のため建屋自体がガンダム色に染め上げられてるんですね。

 

よくよく見たらエレベーターの扉もガンダム仕様。

 

4階には何とこんな像も。

 

でかめのエクシアが

 

ベースのある7階のみならず、結構至る所にガンダムが侵食しています。

 

ブランドショップや飲食店もテナントで入っているのにここまで我が物顔のガンダム。

 

個人的には吹き抜けに浮くハロにギョッとしましたね。

 

びっくりした

 

こちらは00のみならず各ガンダムが各階に鎮座するイベントですので興味のある方は期間中に覗いてみてはいかがでしょうか。

 

私はガンダムベースに今回初めて行きましたのでガンダムベースとはこういうものなのだな、と思ってしまいました。

 

そのため各階にガンダム像があるとか思いもよらなかったので、エクシアしか見つけられませんでした。

 

よく見たらエクシア像の写真の上にちょっと映ってるのはストライクでしょうか。

 

 

ど真ん中に据えられた00展示スペース

 

さて各作品の名シーンに目移りしながら7階に辿り着くと歴代ガンダムとそのガンプラがお出迎えです。

 

歴代そろい踏み

 

写真がヘタクソで申し訳ありません。

 

まずはマップからおおよその情報を仕入れようとしますが、入口近くの物販コーナーに置かれたアレが目に入ります。

 

そう!PGエクシア!!

 

遂に出たか!

 

すげーいっぱいある!!

 

何か見たまんますぎるのですが、ホントにいっぱいあるんですよ、ココ。

 

PGのでっかい箱がズラッと並んでて壮観です。

 

別の場所には00ライザーも置いてあったのですが、箱の大きさはライザーより少し背が高く、幅が小さいくらいです。

 

うわぁ…現物見ると超欲しい…

 

でもこれ持って帰るの絶対重い…

 

でもLEDで光る方カッコいい…

 

しばらく葛藤ありましたが手持ちで帰るリスクを回避しました。

 

気を取り直して場内をフラフラと回遊します。

 

BGMに00の曲を用意するという心憎い演出とともに物販スペースをそぞろ歩きます。

 

中には相当古いキットもあり、まさにガンプラの宝箱といった雰囲気です。

 

しかしこれだけあってもここにはないキットもあるんだろうなと思うとガンプラの歴史に想いを馳せずにはおれません。

 

販売スペースを後にし、場内中央に足を運ぶとこちらがお待ちかね00展示スペースです。

 

真ん中は休憩スペースになっていて、そこを取り囲むように展示物が配置されています。

 

展示内容は

 

 

HGとともに振り返る00年表

 

年表の上に各種HGがディスプレイされています。

 

やっぱGN-Xはカッコいいな。

 

作為的なのかIとIII(アロウズ仕様)が並んで展示されてたので期せず頬が緩みます。

 

全部確認したわけじゃないので定かではないのですが「ヒリング用ガデッサあったかな?」と後になって思いました。

 

MG揃い踏み展示

 

エクシア三種(ノーマル、リペア、トランザム)、00二種(ノーマル、セブンソード)、クアンタ、GN-X、刹那がディスプレイされていました。

 

あの胸像がオチに使われているように思えるのは気のせいでしょうか。

 

 

今年出た新商品ディスプレイ

 

アドヴァンスドジンクスを筆頭に今年プレミアムバンダイ等で販売されたアイテムの展示です。

 

迂闊にも写真を撮り忘れていたので何がどう配置されていたのかを失念してしまい、申し訳ない。

 

向かって左側にデボラ機が飾られていたことだけは覚えていたのですが。

 

 

PGエクシアのデモンストレーション(LED超キレイ!!)

 

実物のPGを発光させながら、どういう色合いなのかを映像交えて解説してくれます。

 

どうやってるのか分かりませんが下からGN粒子がブワッと噴いてて、本体の発光具合に合わせて映像で解説を添える感じです。

 

すっごいなこれ、無闇にカッコいいわ。

 

ここで驚いたのが真ん中の椅子で休憩しようとすると天井からせり出した壁をスクリーン代わりにして00ダイジェストとか上映してるんですよ。

 

しかも四面。

 

どこでどう座って休憩しようがちょっと頭を上げるとガンダムムービーが目に飛び込んでくるんです。

 

よく考えてるわ。

 

休んでる最中もガンダムが頭から離れない。

 

 

BGMに上がるテンション

 

前述の通り店内には00の劇中BGMやOP曲が流れていますが商品の前でノリのいい曲になった時は困りものでした。

 

具体的には限定品買おうか迷ってる時に「Fight」がかかる。

 

 

(…ガンダムベース限定品か…でも買っても作る時間が…)

 

♪テレレン テッテテレレレ テレレン テッテテレテレテレテレテーン
♪アーアアー アーアアー アーアアー アーアアー 

 

その曲はやめろ!

 

際限なく衝動買いしそうになるわ!

 

ちなみにこれを買うかどうかめっちゃ迷いました。

 

 

限定品ダブルオーライザー

 

 

お庭にはユニコーンが

 

 

ひと通り施設を回った後1階まで降りるとそこにはもう一つのお目当てが。

 

そう、実物大ユニコーンガンダムです。

 

もう辺りはすっかり暗くなっていましたのでサイコフレームの発光具合が際立ち、異様なまでにカッコ良かったです。

 

 

雄々しいユニコーン

 

何故か青く光るサイコフレーム

 

バックショット

 

やっぱイロモノは夜の方が映えるな。(一部表現不適切)

 

残念ながら時間の都合で見られなかったのですがUC映像に連動して発光するデモンストレーションもあるらしく、その時は緑色に光るようです。

 

いやあでもこれは見に来た甲斐があるわ。

 

足下には物販用トレーラーが控えており、実物を見て欲しくなったらその場で買えるという細やかな心配り。

 

まあ物欲が刺激されてもまた7階まで戻るのはちょっと…て思いますよね。

 

あとは外に出て驚いたこれ。

 

どんな状況だ

 

こちらも「GUNDAM docks at TOKYO JAPAN」開催期間中のみの展示のようなので、ご注意を。

 

まとめ

 

 

欲しくなる、危険。

 

 

ガンダムを複数視聴した方であれば自分のオキニのMSが大量に展示されているとつい手に取ってしまう感覚を味わえます。

 

 

「ウソだろ…そこにいるのは、ゴールドスモー!?」

 

いや本当に、時間があの頃に逆戻りしましたよ。

 

PGのスペックは拝見できましたし、もっと時間があれば各作品の陳列棚もじっくり見たかったのですが、それでもベースを堪能できました。

 

機会があれば、皆様も是非。

 

 

ガンダムベース東京・公式サイト。

 

 

Follow me!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 河邑倉庫・新館 , 2017 All Rights Reserved.